社員から見るOZAX 松野 愛理

松野 愛理

MATSUNO AIRI
松野 愛理

2014年入社 
営業部(外食業界向け営業) ※2020年3月1日現在

商社だから「人間力」で勝負。
人を育てるのが得意な会社です

 

入社を決めた理由

就職活動では、さまざまな業界の採用試験を受けました。第1志望は広告業界で、特に商社に行きたいと考えていたわけではなかったのですが、最終的に内定をいただいた会社の中で、当社がいちばん魅力的でした。「ここでなら幅広い仕事ができるだろう。これからいろいろな業務経験を積んでいくなかで、自分がやりたいことを絞り込んでいけばいい」という考えから、入社を決めました。

私は学生時代、個人経営の飲食店でアルバイトをしていたのですが、そこでは閉店後に在庫の棚卸しをし、いくつもの問屋への注文書を手書きで作成してFAXで送るという、大変に煩雑な仕事を任されていました。その後、当社の会社説明会で、この会社には各問屋にまとめて発注できるシステムがあることを聞き、小さからぬご縁を感じたんです。「このシステムを取り入れていたら、あのとき残業時間が減らせたのに!」という驚きがまず一つ。それから、自分がこれと同種類の仕事をしてきたこと、言い換えれば自分の仕事によって楽になり幸せになる人がどこかにいたんだということをイメージできて、身が引き締まる思いになりました。

これまでの仕事内容

入社してからずっと、居酒屋やカフェ、ファストフードの大手企業といったユーザー向けの営業(直販)を担当してきました。現在は、ファストフードのお客さまがメインです。厨房などで使う備品やバーガー紙、その他の包装資材を、すべて当社が納品しています。各店舗への納品がスムーズにいくよう調整したり、また新商品の包材のご相談などをいただいたときは、サプライヤーの選定やコーディネートを行ったり。こうして週に2~3回はお客さまを訪問し、商談を重ねています。

仕事のやりがい

アパレル企業のカフェ事業の立ち上げに携わったことが、いちばん印象に残っています。アパレル企業なのでビジュアル面をとても重視され、商品の包材についても色合いやデザインに細かい注文が入りました。四苦八苦しながら完成させたので、カフェがオープンしてその包材がお店で使われた時は感無量でしたね。しかも、カフェは連日大行列ができる繁盛ぶりで、改めてこの仕事のおもしろさを実感しました。

そのお客さまは3~4年担当させていただき、ジョブローテーションで後任に引き継ぐことになりました。最後にご挨拶に伺った際、カフェ立ち上げ当時の担当者は役員になられていたのですが、わざわざ出てこられて「いちばん大変な時を支えてくれてありがとう」と声をかけてくださいました。思わず涙が出ました。

仕事をするうえで心がけていること

基本的にジョブローテーションによる担当変更も少なくないですし、営業はいろいろなお客さまを担当することになる会社です。それだけに、どのお客さまにも「君だったら信頼できる」と言っていただける仕事がしたいですね。失敗してご迷惑をおかけしてしまうこともあると思いますが、「それでも君が担当でよかった」と思っていただける人間になりたい。当社にはメーカー機能もありますが、基本は物を持たない商社です。だからこそ「人間力」が勝負だと思っています。

職場の雰囲気

先輩や上司にはいつも助けてもらっています。私はビジネスマナーもろくに知らない新卒で、社会常識や交渉術、商品情報など、ありとあらゆることを周囲の方々に教えてもらいました。自分一人ではここまで来ることは到底できなかったでしょう。迷惑もたくさんかけたのに、イヤな顔ひとつせず、「仕方ないなあ」という感じで優しく教えてくれたのです。おかげで私もずいぶん成長できましたし、今では自信を持って日々の仕事に取り組んでいます。こんなふうに、若い社員を周りのみんなが一生懸命サポートする企業文化が、当社のいちばん自慢できるところだと思います。

CONTACT

お問い合わせ